【大切なお知らせ】移転について

『猫と人のいやし処 そら猫』は、今年12月中旬に現店舗を閉め、新たに姶良市にて自宅開放型猫カフェとしてスタートすることになりました。(来年2月予定)

当店は8年目を迎え、シニア世代の猫(うち3匹は15歳前後)が半数を超えました。中には持病や障害のある猫もいます。

猫たちの高齢化が進む中、このまま今の場所で今の営業スタイルを続けることは、猫たちの年齢や今後を考えると困難になりつつあります。

現在当店で生活している猫たちは、たくさんの猫たちの里親探しに長い間貢献してきました。子猫の里親希望が多い中、成猫の良さや魅力をそこにいるだけで伝えてくれました。おかげで子猫たちはもちろん、たくさんの成猫達を里親さんにバトンタッチすることができました。

しかし、全ての猫たちに里親さんとの出会いがあるわけではありません。高齢、病気、障害、性格上(警戒心が強いなど)の問題でどうしても里親さんと出会えない猫たちがいます。

もちろん、現在当店で暮らす猫たちの中にもそういう猫たちがいます。その猫たちの年齢や今後を考え、少しゆっくりした営業スタイルに移行したほうがいいと判断しました。

加えて、年々高齢者やその身内の方々からの飼い猫に関する相談が増加の一途です。飼い主さんが亡くなる、入院する、施設に入所する、子供さんと同居する、などの理由で飼い猫を手離さないといけなくなる状況が増えているからです。

しかし、高齢者だけの世帯が増える中、そういう年代の方たちこそ「癒し」を必要としています。アニマルセラピーの効果は医学的にも既に立証済みです。

そこで、里親探しが困難な猫とシニア世代のお客様にも居心地の良い猫カフェにしたいと思うようになりました。

新しい営業スタイルに適した場所を昨年より探しておりましたが、なかなか条件や予算に合う場所が見つかりませんでした。

ところが、今年に入り友人を介して、一軒家を格安で貸していただけるというお話を思いがけずいただきました。猫がご縁でいただいたお話で、私が以前住んでいた近くだったこともあり、早々に移転を決断しました。

新店舗の場所は住宅地の角地で日当たりも良好です。

営業スタイルとしては、予約制でお一組ずつ貸切(お一人様から貸切可)でご利用いただく予定です。

自宅開放型になりますので、お客様にとっては、友達の家に遊びにきたような雰囲気でゆっくりとくつろいでいただけますし、室内は和室ですので、シニア世代の方も落ち着ける雰囲気です。今のところ、週3日~4日の営業を予定しております。

何よりも私がいっしょに生活する事でシニア猫達の体調管理も今までより目が行き届くようになります。

ミルクボランティアや保護猫の里親探しも、シニア猫たちの負担にならない範囲で続けます。

今後も保護猫の里親探しを続ける中で、里親さんとの出会いが困難な猫たちがでてくると思います。

そういう猫たちの受け皿になれたらと思っています。

たくさんの数の猫を受け入れることはできませんが、ご縁があって手元にのこる猫達一匹一匹に最期まで丁寧に向き合っていくためにも自宅開放型は理想です。

新店舗につきましては、外壁の補修工事とフェンス設置、室内は猫たちが安全に暮らせるよう、健康状態によって猫たちの部屋を分けるためのリフォームが必要です。

引越しだけでも猫達にはかなりのストレスをかけますので、猫たちの引越しの前に全ての工事を終了させなければなりません。

そこで、現在資金調達の為、クラウドファンディングの準備をしております。

プロジェクトを成立させるためには、たくさんの方たちへの周知が必要不可欠となります。

皆様のお力添えを頂ければ幸いです。

こちら】よりご協力をよろしくお願い致します。

とても大きな決断でしたが、猫達の事を第一に考えたうえでのことですので、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

※『猫と人のいやし処 そら猫』は、12月中旬まで通常営業です。